浪費の借金は自己破産出来る?※債務整理のポイント

キャッシングやクレジットカードを利用したお買い物は非常に便利であります。

 

最近は、コンビニATMでキャッシングの追加融資手続きを行なう事も出来、利便性はどんどん向上しています。

 

クレジットカードでのお買い物も便利で、購入代金の分割払いなども出来ますから
高額商品の購入も気軽に出来てしまうのです。

 

こうした便利なサービスを利用しすぎてしまい、借金で身動きが取れなくなってしまっている方は非常に多いのです。

 

浪費が原因で、返済していく事が困難なほど借金を膨らませてしまった場合
債務整理の手続きを行い、借金を清算するしか道はないのです。

 

しかし自己破産を行なうには、免責許可を得ないといけないのです。

 

自己破産の条件として免責不許可事由を設けており
浪費での借金の場合は、免責を認めないとなっております。

 

浪費が原因の場合は、免責を諦めなくてはならないのか、と言うとそういうわけではなく
特例が認められれば、浪費が原因で作ってしまった多額の借金でも免責を認めてもらえます。

 

その確率は100パーセントではありませんが、過去に浪費が原因で自己破産に至り
免責を認めてもらうことが出来たケースは、多数あるのです。

 

ですから自己破産の理由が免責不許可事由に該当している場合でも
手続きを行なってみない事には、結果は分からないので、浪費が原因の借金でも免責許可を得る事を諦める必要はありません。

浪費の借金は自己破産できる?

自己破産を検討している人が気になるのは、浪費による借金の場合にも自己破産は可能なのかということでしょう。

 

詳しい話をすると、自己破産というのは破産と免責の2段階に分かれています。
そして、免責が認められて初めて借金が無くなるという流れです。

 

ですから免責を得ることができればOKなのですが、免責が認められななる免責不許可事由というものが設定されています。
この免責不許可事由に「浪費による借金」という項目が含まれています。
そのため、浪費による借金の場合は免責不許可事由に相当してしまい、免責が下りず、借金が帳消しとならないことがあります。

 

そう聞くと、浪費による借金をした方は自己破産しても無駄と思うかもしれません。
しかし、免責不許可事由というのはそこまで厳密に適用されるものではなく、最終的には裁判官の判断で免責にするか否かが決定されます。

 

したがって、仮に浪費による借金だったとしても、あまりにも過度なものでなければ、免責が認められる可能性は十分にあります。
免責不許可になることを恐れて、浪費による借金であることを隠したりすると、隠したことが原因で免責不許可となることさえありますから、たとえ、浪費による借金の場合でも正直に説明するのが大切です。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら