借金が返せない場合どうすれば?※司法書士と弁護士の違い

借金が膨らんで返せない時、ただ悩んでいても事態は改善されません。借金は早いうちに手を打つことが大切であり、法律を利用した対処法もあります。法律を利用した対処法とは債務整理です。債務整理には、任意整理・特定調停・個人再生・自己破産の四つの種類があります。どの手続きが最も有効なのかは専門家でないと判断が難しいので、一度相談してみる必要があります。
任意整理は、唯一裁判所を介さない手続きです。債権者と直接交渉を行う方法であり、それほど難しくありませんので、自分で調べながら手続きをすることも可能です。ただし、保証人を立てている債務に対して行う場合には、専門家に依頼することで保証人への請求を回避できます。
任意整理とよく似た手続きに特定調停があります。実はこの手続きが最も簡単であり、調停委員が間に入ってくれますので手続きも比較的スムーズに行われます。
個人再生は大幅な減額が望めます。特筆すべき点は、マイホームを維持しながら債務整理が行えるところです。裁判所を通す手続きですので、任意整理とは異なり債権者に対する強制力があります。
全ての債務の返済義務が無くなるのは自己破産です。ただし、手続き時に必要最低限の財産以外が処分されたり、一定の制限もありますので、最終手段として考えておくべき手続きです。
借金を返せない時に、他から借りて返済に回すのは良くありません。返せないということは返済計画が破たんしている証拠ですので、適切な対処法を選んで事態の収拾をはからなければなりません。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら