小規模個人再生とは?※失敗しない債務整理のポイント

個人再生手続きは小規模個人再生と給与所得者再生の2種類があります。そして、個人再生は任意整理の手続きをして行っても返済していくことができないが、自己破産をすることを避けたいといったことがあれば用いられる手続きとなります。そして個人再生は2001年から始まった比較的新しい制度であり、自宅を所持している債権者のために造られている制度なのです。そして小規模個人姿勢は継続的に収入を得る見込みがあって、債権の総額5000万円未満の条件を満たすと利用できます。そしてフリーターやパートタイマーや年金生活者でも継続収入があると可能であり、この方法を使っていくときには、返済計画に対して債権者の過半数の同意と同意した債権者からの借金額が総額の半分以上を占めないといけないのです。そして給与所得者再生は、小規模個人再生の条件を満たしているほか、定期収入があって、その収入の変動が年収の20%以内ならば利用できるのです。そしてこれは小規模個人再生とちがって、債権者の同意を得られなくても手続きをしていくといったことができます。そして、個人再生の一番の利点は持ち家はそのままでほかの謝金を整理するといったことができるといった点です。そしてこれをしていくことで、借金が住宅ローンを除いて借金の総額の5分1または100万円のいずれか多い額を3年間で返済するといったことができると残りの借金が免除されるといった内容になっているのです。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら