差し押さえ予告通知書が届いたら※失敗しない債務整理のポイント

借金を滞納したまま放置していると、差し押さえ予告通知書が届きます。この通知が届いた後も無視を続けていると、本当に差し押さえが実行されます
予告通知書に書かれている物が差し押さえられてしまい、自分で管理することができなくなります。この状態では何をされるかわからないために、何とかして回避しなければなりません
住宅や車が対象となった時はさらに厳しい処分となります。こうした物は競売にかけられてしまい、勝手に借金の返済に充てられるのです。1円たりとも貰えないため、とても面倒なことになります

これに対処する方法は幾つか存在しますが、一番簡単なのは弁護士に相談して債務整理をすることです
給料であれば会社を辞めることで、住宅であれば任意売却によってその処分を回避することはできますが、それは根本的な解決とはいかないのです
弁護士に相談することによって、借金を債務整理で減額して返済することを目指します。これによって差し押さえは回避することができますから、当面は安心して生活できるはずです
後は債務整理を実行に移し、決められた通りに返済を続けていけば問題ありません

差し押さえの予告通知書が届いた場合は、他のことをせずに弁護士の無料相談を利用してください

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら