債務整理とは?|借金問題解決のために知っておこう!

債務整理は借金問題を抱えている方を、救済する制度です。
借金問題を解決すると聞くと、まず自己破産が思い浮かびますが債務整理は、自己破産だけでなないんですよ。
債務整理には自己破産の他に個人再生や任意整理といった種類があり、どれも効果に違いがある為、自分の借金問題のケースに合った方法を、
選ぶ事が大切です。

 

債務整理を行う事で借金問題は解決しますが、はやり借金を整理するという事で起こる、デメリットもあるのでその点は注意しましょう。
債務整理を行った後は、住宅ローンが組めないというデメリットがあります。

 

債務整理を行うとブラックリストに、その情報が載ってしまうので社会的な信用度が低下して、住宅ローンを組めなくなるんです。
実際にブラックリストというリストがある訳ではなく、債務整理を行うと信用情報機関にその情報が登録されるのですが、
この信用情報機関に登録された情報の事が、ブラックリストと呼ばれているのです。

 

ブラックリストに債務整理をした事が載ると住宅ローンだけでなく、他のローンも債務整理を行うと組めなくなるので、
そこは考慮して借金を整理するかしないか、考える必要がありますね。

 

しかし、債務整理を行ったからといって、ずっと住宅ローンを組めないという訳ではありません。
自己破産や個人再生の場合は約7年から10年ほど、任意整理の場合は約5年ほどすると、住宅ローンを組めるようになります。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら