債務整理の無料相談ができる弁護士事務所※5分で分かる選び方

借金解決のための2ステップまとめ!

自分に合う債務整理方法を知る

あなたに最適な借金解決方法は…??

まずはここから匿名で無料シミュレーションを試してみましょう。


⇒無料シミュレーターはこちらから

 

無料相談してみる

大事なことは、

知識・経験・実績

この3つをしっかりと兼ね備えている事務所を選びましょう。

費用と支払い方法の明示

借金を抱えている以上、債務整理をする費用でさえ心配な方が多いと思います。
費用のことが心配な方は、

  • 初期費用¥0
  • 後払い可能・分割払い可能

な事務所を選ぶと良いです。

無料相談を受け付けている

無料相談を受け付けている事務所で、無料相談をしてみましょう。
実際に依頼しないとしても、専門家の話を聞くだけでも選択肢を知れたり、相談することによって精神的にラクになると思います。

 

無料相談できるおすすめの弁護士事務所まとめ

弁護士法人RESTA法律事務所

無料相談数多数の事務所!
  • 実績多数!
  • 初期費用¥0
  • 後払い可能/分割払い可能
  • 365日/24時間受付
取立すぐにストップ

24時間365日相談受付中!※全国対応
取立で悩んでいる人は、いますぐに取立をストップしてもらえます。

費用の心配なし!

初期費用¥0!後払いや分割払いも出来るので、まずは債務整理を始めましょう。

相談は何度でも無料

依頼するまで何度でも相談無料!!

 

どこに相談しようか悩んでいる方は、こちらの事務所がおすすめです。

⇒【弁護士法人RESTA法律事務所】無料相談はこちらから
→《無料電話相談》0120-501-605

 

借金お助け相談センター

⇒借金お助け相談センターに無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-358-071

 

即日取り立てストップ可能

こちらもメールでの無料相談を受け付けている事務所です。

  • 初期費用¥0
  • 分割払い可能
  • 365日/24時間受付

 

岡田法律事務所

 

闇金からの借金にも対応!
  • 初回相談無料
  • 休日対応
  • メール・電話相談も受付中

⇒【岡田法律事務所】無料相談はこちらから
→《無料電話相談》0120-863-673

 

いきなり相談するのはちょっと・・・という方は

 


⇒無料シミュレーターはこちらから

 

無料診断・匿名でOK
あなたに合った債務整理の方法がわかります。

 

 

弁護士と司法書士の違いは?

弁護士と司法書士であれば、簡単にいうと弁護士は行動制限なく、いろいろな手続きをやってくれます。

 

書類作成は、弁護士・司法書士ともに出来ます。
なので、書類作成が主であるならば司法書士でも良いでしょう。

 

任意整理の場合

書類作成+債権者との交渉なので、交渉力に優れていれば、弁護士でも司法書士でもよいでしょう。

 

個人再生の場合

書類作成と「個人再生計画案」が大切です。

計画案は、大幅に減額をし計画通りに返済をしていく計画をまとめたものです。
個人再生に慣れた事務所ならどちらでも良いと思います。

 

自己破産の場合

しかし、自己破産は書類作成だけでなく、裁判所での面接が必要となってきます。
弁護士であれば自分の代理人として裁判所で面接を受けてもらうことが出来ますが、司法書士は代理人にはなれません。

自己破産の場合は、弁護士に依頼したほうが安心といえると思います。

 

まとめ

債務整理をすることは、とても勇気のいることですが、専門家の意見を聞きながら進める事で少しずつ解決に近づけます。

 

上記であげた弁護士事務所・司法書士事務所は信頼のおける安心の事務所です。
無料相談はお金がかからないので、まずは勇気を出して相談してみましょう。

 

 

 

 

債務整理を有効的に活用する事で、借金を減額をしたり、ゼロにしたりする事が可能になります。その結果、借金の返済に苦しむ生活から抜け出す事ができるでしょう。
しかし、債務整理をするにあたって、気になるのが着手金なのではないでしょうか。債務整理には確かにメリットも多いのですが、弁護士に依頼をする必要があるという事もあり、着手金などが気になるという声も少なくありません。ですから、今回は債務整理の着手金について紹介をしていきたいと思います。
まず、債務整理の着手金は、債務整理の種類でも異なってきます。任意整理の場合には、安くて2万円、高くても5万円程の着手金で行う事ができます。特定調停の場合には任意整理と同じくらいの額です。個人再生の場合には、ぐっと上がって着手金は15万円以上と思って良いでしょう。自己破産の場合にはそこからまた少し上がり、30万円以上と見てください。
このように債務整理は種類によって着手金が安いという場合もあれば高額になってしまう場合もあります。しかし、それも上手に活用すればメリットは費用以上に大きくなりますから、弁護士事務所にまずは相談をして、自分の場合には債務整理を行うだけのメリットがあるのかどうか見極めましょう。