債務整理と連帯保証人について問題※弁護士に相談

債務整理を行う前には、連帯保証人に連絡を行っておく必要があります。

債務整理を行うことにより、本人の債務は減らしたり免責扱いになってくるのですが、本人が返済できなくなることで、代わりに連帯保証人が返済する義務が生じてくることになるのです。
連帯保証人が、借金を払えるだけの余裕を持っていればいいのですが、借金を返済できない場合には、生活に影響が出てきてしまいますので、借金を作ってしまった本人と同じように債務整理の手続きを行う必要があるのです。

一緒に債務整理を行うようにすれば、その後借金問題で保証人に迷惑をかけることもなくなってきますので、手続きを行う前に声をかけておくようにしましょう。
ただし、債務整理を行うことで、連帯保証人にも一定のデメリットが生じてきてしまいます。
手続きを行うことでブラックリストに登録されるようになりますので、ローンを組むことができなくなる等、これから生活にも制限が出てきてしまいますので、この点についての確認とともに、迷惑をかけてしまうことに対しての謝罪も行う必要があるでしょう。
借金を返済できなくなることで、ほかの方の生活自体も変わってしまうことを充分に理解したうえで、安易に債務整理を行わないように気を付けなければなりません。

ただ、これからもお金を返済できないときには、連帯保証人とともに債務整理を行うことで、借金生活に悩みを感じることなく安定的な生活を送っていけるメリットも感じられます。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら