まずはじめに…

専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!

《無料相談》おすすめの弁護士事務所

無料相談申込み数、第1位

弁護士法人サルート法律事務所

相談は何度でも無料
初期費用¥0/後払い可能/分割払い可能
365日/24時間いつでも対応
メール・電話相談も受付中

弁護士法人サルート
⇒弁護士法人サルートに無料相談してみる

■相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方

 

 

専門家の話を聞いてみると知識が深まり、視野も広がるのでおすすめです!!
無料なので損はしません!相談が早期解決の近道です!!

債務整理の種類について|債務整理の賢い選び方

 

債務整理と言っても、実は自己破産、個人再生、任意整理、特定調停の4種類があります。
ときどき、債務整理=自己破産、などと同一のものとして認識している方が多いですが、それは間違いです。

 

債務整理は、

自己破産
個人再生
任意整理
特定調停

を含む、広い概念です。

 

どの手段を選ぶべきか、お悩みの方にはコレ!

どの手段にするか迷う…という方にオススメなのが、質問に答えるだけで解決方法のアドバイスをくれる、

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

どの手段が最適?どれくらい減額できる?などが簡単&無料でわかるので、計算してみましょう!!

 

債務整理《比較一覧表》

 

返済
能力

減額 欠点 裁判所
任意整理 有(高) 通さない
個人再生 有(低) 通す
自己破産 全額 通す

 

どの手段を選ぶべき?|債務整理の賢い選び方

どの債務整理方法を選ぶことになるか?は、

年収
借金総額
財産
職業

など様々な要素が影響します。

 

大雑把に言えば、
返済能力:高→任意整理、特定調停
返済能力:低→個人再生、
返済能力:無→自己破産

 

逆に言えば、借金を減額する効果が高い順に並べると、「自己破産>個人再生>任意整理=特定調停」となります。

 

ただ、当然、借金を大きく減額できる方法にはデメリットもあり、借金減額効果が高いほどデメリットも強くなります。

 

(例)

自己破産

もっとも強力な債務整理方法として知られており、自己破産すれば借金を帳消しにできます。

 

ただ、保有財産を取り上げられたり、官報に実名が掲載されてしまったりします。

 

任意整理

財産を取り上げられたり、官報に掲載されたりすることはありません。

 

しかし、借金を帳消しにすることはできず、基本的には返済は続くことになります。

 

債務整理にかかる期間はどれくらい?|債務整理の賢い選び方

 

債務整理とは借金をしすぎてしまい、返済することが困難になってしまった場合に借入先の金融機関と交渉したりして借金を整理することを言います。
債務整理をすることによって借金を大幅に減らすことができたりして、借金を完済できることも少なくなく、借金で悩んでいる人は早めに債務整理をしたほうがいいと言えます。

 

そして債務整理の手続きはある程度専門的な知識が必要になってくるので弁護士や司法書士などの法律の専門家に手続きをお願いするのが一般的ですが、債務整理をするにおいてどのくらいの期間がかかるのかというのは依頼する人にとって一つの関心事であると言えます。

 

そして債務整理にかかる期間は手続きの方法によって差があるのですが、借入先の金融機関とうまく話がまとまり和解をすることができる場合は3ヶ月から半年くらいで手続きをすることができます。
逆に債務整理の手続きをして過払い金が発生していて、借入先の金融機関と過払い金の返還額についてうまく話がまとまらず訴訟まで発展してしまった場合は1年以上の期間がかかってしまうこともあります。
どちらにしても債務整理の手続きはすぐに手続きが完了するというものではなく、ある程度の期間がかかります。