任意整理|その後の生活に影響は?-知っておきたい事-

借金というものは、金融機関がみなさんが今後返済が可能であろうということを審査したうえで貸し出されるお金です。もちろん借りたお金はきちんと返済しなければなりませんので、毎月の収入から自分の返済できる金額は把握しておいて、それ以上の借り入れは行いように十分気を付けなければなりません。しかし、不測の事態が起きて返済が不能になってしまうケースも存在します。突然リストラにあってしまった場合などは収入源がなくなるわけですので、当然その後の返済はできなくなってしまいます。そのような場合は弁護士事務所に相談を行い、任意整理などの手続きを行うことになるでしょう。ではもし任意整理を行った場合、みなさんのその後にどのような影響があらわれるのでしょうか。
まず、任意整理は金融事故に該当します。それを抑えておくと答えが見えてくるかもしれません。金融事故をおこした事実はしばらくの間、金融機関の審査に使われる個人信用情報に登録されます。すると、審査機関はこの人は返済できなくなる可能性が高いと判断しますので、ローンの審査には通りません。また、クレジットカードも同様の理由により、まず作成することはできないでしょう。
カードは今の私たちの生活にとって必需品とも言える存在になっています。そのカードが使えないということは、すべての支払いを現金で行う必要があるということになるのです。きっとその生活は、みなさんが想像しているよりも苦しい生活になってしまうことでしょう。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら