任意整理の流れ※借金を減らすなら無料相談から

消費者金融のキャッシングローンや銀行のカードローンなどで多額の借金を抱えてしまい、任意整理を考えている方も少なくありません。
任意整理のメリットは専門の弁護士に依頼することで、借金の総額を減額でき、利息がカットされるので返済を早めることができます。
また、裁判所を通さずに行えるので裁判所での手続きが必要とする自己破産や個人再生と比較しても早く解決することができます。
しかし任意整理は原則として3年間で全額を返済しなければならないので、安定した収入があることが条件となります。
任意整理の方法は、まず専門の司法書士や弁護士に収入や借金の状況などを相談しなければなりません。
見栄を張らずに自分のありのままをすべて話すことが大切です。
事務所はもちろん、電話やメールなどでも借金返済の解決方法を提案してくれるでしょう。
弁護士や司法書士に任意整理を委任すると、債権者に受任通知というものが送られます。
これによって債権者からの電話や郵便による取り立て行為をストップされます。
それでもしつこく取り立てを迫ってくるのであれば弁護士に委任した旨を伝えて電話を切り、担当の弁護士に報告をした方が良いでしょう。
次に弁護士は債権者との交渉を開始します。
債権者に取引の履歴の開示を請求して利息制限法に基づいて計算し、依頼者の返済能力に合った返済額や将来利息の免除などを交渉します。
最後に和解契約を締結すると、手続きは完了します。
お金の問題はこじらせると大変なことになるので、任意整理などの減額方法を利用してみることをおすすめします。




債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら