任意整理完済後|その後の生活について-知っておきたい事-

任意整理の手続きに関して知った後、気になるのは任意整理をした後の生活がどうなるかということでしょう。

 

任意整理後の生活のデメリットとしては、信用情報機関に債務整理したという情報が登録されることが挙げられます。
そのため、任意整理をするとクレジットカードを作ったり、ローンを組んだり、キャッシングを利用したりすることができなくなります。
ただ、信用情報機関での情報の保存には期限があります。
おおよそ、7年から10年も経つと債務整理したという情報が抹消されます。
したがって、遅くとも10年待てば、任意整理をする前と同様に、クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができるようになります。

 

また、金融機関によっては、信用情報機関に債務整理したという情報が登録されていても、ローンの審査を通してもらえる場合があります。
任意整理後、5年程度経ったなら、各種ローンの申し込みを試してみてもいいでしょう。

 

なお、任意整理をして10年以上が経ったとしても、取引相手だった金融機関からはローンを認めてもらえないのが普通です。
これは、金融機関が信用情報機関とは別に独自に事故情報の記録を保存していて、その保存期限が無期限となっているためです。"

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら