任意整理をするときの条件は?任意整理できる場合・できない場合

信販会社や消費者金融、キャッシングなどはとても簡単にお金を借入することができますが、それゆえ多額の借金を抱えてしまって、どうにもならないといった方は少なくありません。
返済のために毎月節約生活を送ってコツコツと返していても、利息分しか払えず元金まで完済できず返済の目途が全く立たないというケースは非常に多いものです。
このように借金に苦しんでいるという方は非常に多いものですが、苦しまずに借金を整理できたという事実はあまり知られてはいません。
しかしそんな借金から脱出できる法律で守られた解決策があるのです。
まず、任意整理という方法を知っておくといざという時にも安心です。
任意整理とは、借金の総額を減額し、また利息分をカットして毎月負担のない金額で債権者に返済していくことができます。
また、裁判所を通さずに弁護士と相談しながら進めることが可能なので、裁判所からの呼び出しもなく、他人にも知られることがないのでプライバシーを守ることができるのです。
任意整理を利用するためにはいくつかの条件をクリアしなければなりません。
先ず、毎月安定した収入があることが条件です。
加えて借金は原則として3年間で返済しなければなりません。
次に、払い続けるという意思があることも重要な条件となります。
自己破産などは財産を差し押さえられるだけではなく、マイホームも手放さなければいけないので、破産を考える前に弁護士に相談することをおすすめします。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら