任意整理について保証人でお困りの方※体験談、無料相談

借金をした時に、保証人がついているケースがあります。
もし借金の返済に困り債務整理を考えた場合、保証人に迷惑がかからないか、心配という方も多いのではないでしょうか。

自己破産を行った場合、債務者は借金の支払い義務が無くなり、実質的に借金はゼロになります。
しかし、借金自体が無くなった訳ではなく、ただ支払い義務が無くなったというだけなので、残りの借金は保証人が支払う必要が出てくるのです。

このように債務整理を行うと、迷惑がかかってしまうケースもあるので、その点は注意しましょう。
では自己破産ではなく任意整理で、借金を整理した場合、保証人に支払う義務が出てくるのでしょうか。

任意整理で借金を整理しても、保証人がいた場合、債権者は借金の請求を行います。
ですが保証人も任意整理を行い、主債務者が和解に基づいてしっかりと借金の返済を続けていれば、保証人が支払いの義務を受ける事は無いのです。

ですので、任意整理で借金を整理したとしても、きちんと残った借金の返済を行っていれば、周りに迷惑をかけてしまうという事は無いので、安心しましょう。

任意整理は裁判所を通さず、直接弁護士や司法書士が債権者と和解交渉を行う為、他の債務整理よりスムーズに借金を整理できるというメリットがあります。

また家などの財産を手放す必要もない為、比較的行いやすい債務整理です。
借金の問題をそのまま放置していても、改善は難しい為、早めに債務整理を検討しましょう。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら