任意整理後の生活について-まるわかり借金問題解決ガイド-

任意整理で完済したあと、家族が子供ができるなどして、家を建てたい環境になることもあるでしょう。その場合、住宅ローンが組めるかどうかの心配があるでしょう。
任意整理の場合は、完済してから何年経過したか、その間、新たな債務や滞納はないかが問題になります。まず任意整理すると、その情報は信用情報機関(ブラックリストと呼ばれるもの)に載ります。
その後、5年ほどは、新たにローンを組むことはもちろん、ショッピング用のクレジットカードを作成することも難しいでしょう。(銀行のキャッシュカードや、デビット式のクレジットカードなら可能です)
当然、住宅ローンを組むことも難しいでしょう。信用情報機関に情報が載っているかどうかは、信用情報機関で開示することができます。信用情報機関はいくつかあるので、すべて調べる必要があるでしょう。
情報が消えるまでは、頭金などを準備する期間として考えましょう。
また、情報が消えた後だとしても、必ずローンが組めるとは限りません。特に、任意整理時に関わった金融会社のグループには情報が残ってしまい、何年経ってもローンが組めない場合があります。複数会社にあたってみると良いでしょう。
また、任意整理は関係がなく、収入の安定性などを審査した結果、クレジットカードなどの審査には通っても、住宅ローンの審査には通らないといった状況である可能性もあるでしょう。
配偶者の名義でローンを組むことは、配偶者に安定した収入があれば可能な場合がありますが、通常より審査に通ることは困難でしょう。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら