任意整理最中の自動車ローンについて※無料相談へ!

借金を重ねて多重債務に陥ってしまった人のために、弁護士が裁判所を通さずに直接債権者と交渉して債務を減額してもらう手続きを「任意整理」といいます。消費者金融や銀行のカードローンや、クレジットカードのキャッシングなどは、気軽にお金が借りられる反面、金利が一般的なローンに比べて高めに設定されているため、借入金額が大きくなるほどかかる利息の額も増えていくのが特徴です。そのため、気が付かないうちに借金を重ねてしまい、最終的に多重債務に陥ってしまうケースが後を絶ちません。任意整理は、このように多重債務に陥ってしまった人のために借金を5分の1程度まで減額してもらい、3年にわたって分割で返済していく債務整理の方法です。任意整理を行うことで、借金の総額が大幅に減るだけでなく、利息を支払う必要も全てなくなります。ただし、自分の信用情報に任意整理を行った事実が記載されるため、この記載が消えるまでの5年から7年間は自動車ローンをはじめ、新たな借り入れをすることが難しくなります。世間一般に言う「ブラックリストに載っている」状態です。逆にこの期間を過ぎれば、再び自動車ローンなどを利用することが出来るようになります。ただし、業者によっては過去の信用情報を長期保管している可能性もあるため、必ずしも全ての自動車ローンに通るわけではありません。任意整理をした事実の記載が消えた後に自動車ローンの審査に通りやすくする方法として、頭金を出来るだけ増やすことが挙げられます。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら