任意整理について※任意売却可能な期間、相談はこちら

借金の種類には住宅ローンや自動車ローン、その他の消費者金融業者などから借り入れを行うカードローンなど様々な形があると思います。
任意整理とは債務整理の手段のひとつで、貸金業者ごとに交渉を行う手続きとなります。
任意整理は債務者の希望に応じて整理を行いたい貸金業者をわけて個別に交渉を行うことが可能です。
任意整理は裁判を通さずに直接貸金業者と交渉を行って、それぞれのローンごとに借金の金額の減額や免除などの話し合いをして合意にいたることで、借金の支払いが可能になるように手続きを行います。
任意売却の場合には、住宅ローンが支払えないときの手続きとなります。
住宅を購入するときには金融機関の住宅ローンを組んで購入するものだと考えられますが、住宅ローンは大きな借金とも言えます。
住宅ローンの返済について毎月の支払い金額が大きくなってしまって、支払いを滞納してしまうと金融機関は申し立てを行って競売をして不動産を売却する形となります。
債務者は競売をしないで住宅を第三者に売却することで、より多くの売却代金を得ることが可能で、債権者の合意を得ることで不動産を売却する手続きのことを任意売却と言います。
任意売却を行うことで競売をするときよりも高い値段で不動産を売却できる可能性がありますので、売却して得られた代金によって住宅ローンの返済をすることができます。
任意売却によって得られた資金を使って住宅ローン残高の返済を行えたときには、残った資金を引っ越しのために使うなど生活再建のための資金としても利用できます。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら