任意整理の期間ついて※どれくらい時間がかかるの?

銀行や消費者金融業者などから融資を受けることで、返済できないほどの債務を抱えてしまった人の場合には、それぞれの状況に応じて債務整理の手段を使うことで解決できる可能性があります。
債務整理にはいくつかの方法があり、任意整理の方法を用いて返済できない債務について解決する場合には、自己破産などの方法を用いたケースとは異なり、手持ちの財産を処分することなく解決することができます。
任意整理は弁護士や司法書士に依頼することで手続きをスムーズに進めることができると言えるもので、法律的な知識がない一般の人の力だけでは難しい手続きであると言えるでしょう。
弁護士や司法書士に依頼することで、弁護士などが介入した意味合いを示す受任通知を融資を受けている貸金業者に対して発送を行います。
受任通知を発送することによって、貸金業者の督促や取り立てをストップさせることができます。
貸金業者から借り入れ契約における取引の履歴を開示してもらうように交渉を行って、現在の利息制限法で規定されている上限金利に計算をし直すことで借金の金額の確定を行います。
この時点で払い過ぎた利息が発生している場合においては、貸金業者に対して過払い金返還請求を行うこともできます。
借金額の確定を行ってから、債務者が返済可能な金額に減額するなどの措置を行って和解案を貸金業者に提出することで、和解内容について合意に至った時点で任意整理の方法が完了したと言えます。
債務者は和解によって減額された借金について、その後の一定期間において毎月返済していくことになります。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら