任意整理について過払い請求か迷うなら!※無料相談へ

複数のカードローンを使って借り入れすると、元金は少しも減らず利息分を払うために借金を続けてしまいます。いつまでたっても借金が減らないので精神的にも疲れがたまるだけでなく、ほっとおくと最悪のケースとして自己破産が待ち受けています。
任意整理の場合、キャッシング開始時点までさかのぼり利息制限法にもとづいた計算により過払い金を請求することができますし、先々の支払いについても、交渉次第では利息がつかないケースもあります。ただし、元金そのものの減額はないものの、裁判所への申し立てや官報に住所や氏名が掲載されることはありません。
通常、任意整理の場合は、弁護士や司法書士が債務者にかわって貸金業者をはじめとする債権者と今後の返済について交渉します。おおよそ3年から5年の期間をかけて、これまでの借金を分割して支払いますが、では任意整理の完済後、いつからお金を借りることができるのでしょうか。
基本的に任意整理の手続きをするこということは信用情報機関のブラックリストに入るということになり、任意整理の期間中はもとより完済後も、最低5年間は一切の借り入れができなくなります。もちろん住宅ローンもその対象となります。
しかしながら、完済後は永遠に借入できないかと言えば、決してそんなことはありません。完済してから5年の間に金銭的な事故がなければブラックリストから削除されますので、再び借入することが可能となります。
また、任意整理を行ったさいに過払い請求金で全額返済できた場合は、ブラックリストに掲載されないケースもあるので、ブラックリストに掲載されているか確認することも大事です。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら