個人再生したら我が家はどうなる?※失敗しない債務整理のポイント

個人再生と言う言葉はたまに耳にすることがありますが、どういったものなのかよくわからないなんて方は多いかと思います。
個人再生とは、マイホームを維持しながら債務整理が行える制度のことを言います。
まだ住宅ローンを払い終わっていない状態で、途中で支払いが困難になってしまった場合に使用するもので、持ち家はそのままの状態で他の借金を整理する事ができます。
住宅ローンを除く借金の総額の1/5か100万円、いずれか多い方をを3年間で返済する事ができれば残りの借金は免除されるというものです。
ただ、住宅ローンについては債権のカットもありませんし、利息の免除もないのでその点は気をつけなければいけません。
とてもメリットが大きいですが、住宅ローンの残額が多い場合などは難しいこともあるかと思います。
小規模個人再生の場合はフリーターの方や年金生活者等でも継続的な収入があれば可能となっています。
自己破産の場合は借金は無くなりますが、個人再生の場合は借金を減額できるものの3年をかけて返済していきますので、どちらもメリットデメリットはあるのでよく考えて行わなければいけません。
自己破産のように職業や資格の制限がありませんから、比較的利用しやすい方法になっています。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら