個人再生法とは?※失敗しない債務整理のポイント

個人再生法は定職に就いて収入を得ているにも拘わらず、住宅ローンなど多重債務を抱えてしまった人が、借金全額を返済できなくなってしまった人に対して適用できる債務整理法です。
個人再生する事で、住宅ローン以外の債務が5分の1程までに減額でき、住居を手放さずに生活の立て直しが出来ます。
個人再生法は自己破産と違ってマイカーや家も財産として残せたまま、大幅に借金を減額できるので、経済的にだいぶ余裕を持たせる事ができます。
個人再生の決定後、減額後の借金をどのように返していくかですが、原則残った借金総額の5分の1を3年かけて返済していく形になります。
その人の持っている資産額によって返済金額は変わってきますが、3000万円以上ある場合は、その10分の1程度の返済になります。
手続きは弁護士に相談して地方裁判所に申し立てる事になりますが、申立人が会社員の場合は小規模民事再生として、一連の手続きも簡易に済ませられます。
個人再生の場合は、自己破産と違って免責不許可事由などの縛りがなく、ギャンブルや浪費が理由の借金でも民事再生は認められています。
個人再生なら、真面目に3年間借金の残額を返済していけばゼロにでき、家族や勤め先にもダメージを与えずに再起を図る事が出来るので大変価値ある手段です。



 

 

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら