任意整理したら住宅ローンはどうなる?~まるわかり解説~

任意整理では今後の金利がなくなって着て、借金の総額と毎月の返済額を減額するといったことが可能です。そして一部の借金だけ選んで整理をするといったことができます。そしてマイホームを手放さずに借金の身をカットして、住宅などの資産を維持したまま住宅ローン以外の借金を減額して原則3年間分割して返済していく債務整理の手続きが民事再生です。そして減額後の借金を完済すれば住宅ローン以外の借金は法律上返済するような義務が免除されるのです、。また自己破産は人生の終わりではなくて新しく人生を前向きに生きていくための制度なのです。債務者の収入や財産により借金を返済するといったことがとても困難であるといったことを裁判所に認めてもらって法的に借金をしなくてもらえるような手続きで自己破産があるのです。そして、特定調停は謝金の返済が滞ってきているような債務者の申し立てで、簡易裁判所が債務者と債権者の話し合いを仲裁して、返済条件の軽減などの合意が成立するように働きかけて、債務者が借金を整理して生活を立て直せるように支援してくれる制度となります。そして、任意整理は簡単にいうと、弁護士が債務者の代理人となり、債権者と話し合って、借金額を整理して返済して苦方法です。 

 

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら