給料の差し押さえ※5分でわかる借金解決方法のポイント

給料の差し押さえが執行されるのは、主に税金滞納者や借金返済を延滞している多重債務者です。
差押は、裁判所から支払督促や差押予告通知を幾度に分けて送付してるにも拘わらず、債務者から然るべき金額を回収できなかった場合に、債権者や地方自治体が決定を下す最後の切り札となります。
差押が実際に執行されると、債務者の勤務先である会社に対し、所定の給与額を債権者に分配するよう裁判所から通知が届く事になります。
このように給料の差押執行と同時に、勤務先やその周囲などに債務者の実態が明るみになるので、多大な迷惑をかけてしまいます。
差押による強制執行は、基本的に支払督促や差押予告通知などが届いた時点で、債務者が然るべき借金整理を行わなかった時に起こりうる事態であり、弁護士に速やかに相談する事で解決の糸口が見出せる方法があります。
例えば、給料の差押を何としてでもストップさせたい時は、自己破産や民事再生などの債務整理途中でも、すぐに差押執行の中止命令を出す事ができます。
民事再生の場合でしたら、裁判所で手続き開始の決定が下された直後であれば、債権者に対して差押の中止命令を速やかに出して貰えるのです。
自己破産も同様で、破産手続きが正式に開始決定になれば、破産改正法により個人の財産に対しての差押は禁じられています。
給料は全て差し押さえられる訳ではありませんが、特に今後も仕事を通常通り続けたい人などは、会社にその事実が知れ渡る前に弁護士に一刻も早い債務整理を依頼しましょう。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら