個人再生したら養育費は?※債務整理は無料相談で解決

個人再生では裁判所の許可を得て、債権者たちの同意も得た上で一部を除いて借金が免除されて、残りを返済していくということになります。その一部とは養育費や住宅ローンなどです。これらは例え個人再生をしたとしても以前と変わらない金額をずっと支払っていかなければいけません。ですからもし離婚によって養育費を請求したいけれど相手が個人再生してしまったので諦めるという必要はないのです。もしすでに養育費の支払いについて決められていて、離婚後に相手がそれを滞納したまま個人再生してしまった場合でも支払ってもらうことは可能です。通常の養育費はそれまで通りに支払われ、さらに追加として滞納分の養育費を分割で支払ってもらうのです。ただし個人再生中は他の借金も返済しなければいけませんので滞納分全額を分割するのではなく、一部を分割して支払っていくことになります。そして残っている滞納分は全ての借金を返済し終わった後にまとめて支払ってもらうことができます。弁済期間中に支払ってもらえる滞納養育費は滞納分総額に個人再生計画案で決められた返済率をかけたものによって計算されます。つまり滞納された分は最終的には全て支払ってもらうことができます。もしもその決められた支払い額でさえ滞ってしまうようであれば、相手方の弁護士に連絡をとって相談してみるのがベストです。またもし養育費を必要とする子供を連れて再婚した方は、場合によっては毎月の支払いが減額されてしまう可能性も出てきます。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら