個人再生の書類と書式※法テラスに依頼するメリットとは?

個人再生は自分で行おうと思えばできないことはありませんが、その場合には提出書類を用意しなければいけませんので、書式についての知識が必要になります。たくさんの書類を準備する必要がありますので、書式だけでも相当な量となってしまいます。自分でも個人再生は可能ですが、書類の不備や正しい書き方などがわからないと対応できませんので、一般的には弁護士に依頼して進めることになります。自分でやる場合には全てを一人で準備する必要がありますが、書式集に関しては弁護士事務所などのサイトからダウンロードが可能となっています。しかし裁判所ごとに書式が異なることも多いため、直接裁判所から入手しなければならない場合もあります。手続きが煩雑で書類も多いことから、個人再生は弁護士に依頼したほうが負担を軽くできると言えます。ただでさえ借金問題で苦しんでいるわけですから、できるだけ精神的な負担を軽くすることは非常に重要だと言えます。個人再生は任意整理に共通する部分はありますが、任意整理は金融業者との和解を求める方法となります。司法書士や弁護士が和解案を基に交渉し、任意に合意することになりますので一定の成果を上げることが可能です。しかし個人再生では免責額が大きいため債権者が合意しない場合があります。債権者の半数以上が合意しない場合には成立しませんので、再生計画案の内容など影響する部分が多いのです。難しい作業となりますので、自分で行わず弁護士に依頼したほうが良いのです。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら