個人再生についての失敗を知りたい※無料相談はここ

個人再生を行うには地方裁判所に申し立てをした後、再生計画案を裁判所に認めてもらう必要があります。
手続き中に裁判所から呼び出されるケースが少ないことから、自分ですべて手続きを済ませてしまおうと考える人もおられますが、個人再生の手続きはかなり複雑で、時間がかかる場合がよくあります。手続きにてこずり、その間にも借金の滞納が続いてしまうなどという失敗を防ぐには、やはり弁護士などの専門家に依頼するのが確実でしょう。
失敗例としては弁護士ではなく、司法書士に頼んだ時にも見られます。司法書士は書類作成をお願いすることは可能ですが、本人に代わって裁判所とやり取りをすることができません。万が一裁判所から呼び出された時に、スムーズにやり取りをするには、代理人の権利がある弁護士の方が有利です。
しかし、弁護士はできる範囲が広い分、費用が割高になる場合もよく見られます。裁判所と直接やり取りがあっても構わないのであれば司法書士に、全てを任せたいなら弁護士に依頼するようにすると、思わぬ失敗を防ぐことができるでしょう。
この他にも、個人再生をしたというのに、任意整理で十分返済が可能であった事実を後から知る失敗例もあります。このようなケースでは、自己判断に任せてしまうのが原因としてあります。
借金を抱えてどうにもならない時には、まずは弁護士や司法書士に相談することが重要であることをしっかり覚えておきましょう。経験豊富な専門家なら、無駄のない最適な方法を選んでくれる筈です。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら