個人再生をする※司法書士と弁護士どちらに依頼する?

個人再生手続きというのは、自営業や給料などの安定した収入がある人だけができる手続きです。基本的には、自分が所有している財産の20%もしくは100万円の高額な方を返せばそれ以外の借金は免除してもらえるというシステムになっており、自己破産ですべての借金を踏み倒すのは良心が痛むという人でも手続きが取りやすくなっています。
個人再生は申し立てにかかる費用は印紙代や切手代などを含めて2~3万円程度で済みます。しかし、自分で手続きをしようにも、自己破産よりもはるかに難しい手続きになりますので、自分で申し立てをするのはほぼ不可能です。そのため、費用を負担して弁護士や司法書士といった専門家に手続きを依頼する人がほとんどです。専門家に依頼することで、複雑な弁済計画表もきちんと作成することができますし、業者に連絡をして振込先の取りまとめをしたり、資金繰りの計画を立てるといったこともサポートしてもらえます。専門家に個人再生手続きを依頼したときの費用は、実費別で30~50万円程度が一般的な相場となっていますが、その分受任したときから業者の連絡が一切なくなりますし、書類集めや申立書、債権者一覧表、財産目録、弁済計画案などの書類作成もすべて任せることができます。また、計画案が認可された後は業者への振込先もまとめて連絡してもらえますので、あとは計画に従って分割で返済するだけという簡単なものになり、再生がやりやすくなります。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら