個人再生後ブラックリストに登録される期間はどれくらい?|債務整理ガイド|

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産の3つの方法があります。ここでは、その中の一つ「個人再生」について、詳しい内容と手続きの流れについて説明します。
個人再生は、債務を長期(3~5年)の分割で支払う再生計画を裁判所に申し立て、大幅に免責してもらう制度です。認可されると、原則として債務は5分の1になります。自己破産とは違って、一定の条件があれば、住宅や車などを手放さずに手続きできる場合もあります。個人再生を利用するためには、住宅ローン以外の債務総額が5000万円以下で、将来にわたって継続的に収入が得られる見込みがあることが必要です。デメリットは、今後5~10年間借り入れができなくなること、ブラックリストに住所氏名が登録されることです。ブラックリストに登録されれば、登録されている期間は借入が困難となります。
個人再生の手続きの流れは、次のようになります。
申立書に必要な費用を添えて申し立てを行うと、裁判官の面接を経て個人再生手続き開始となります。同時に、財産目録・報告書・再生計画案の提出期限が決められますので、すぐに準備を始めます。債権者と申立人の間で債権額の食い違いがある場合には、裁判所が決定します。再生計画案は、決定額を最低弁済額以上にカットし、それを原則3年で返済する内容です。裁判所は、この再生計画案を債権者に送付して、議決や意見提出を求め、それを踏まえて認可するかどうか決定します。認可決定が出て、債権者から不服の申し立てがなければ確定し、再生計画案どおりに返済していくことになります。
このように、個人再生の手続きの流れは煩雑で、専門的な知識も必要です。期間内に終えなければ手続きが終了してしまう恐れもありますので、専門家に依頼することをおすすめします。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら