個人再生の住宅ローン※債務整理の弁護士選び方とは?

個人再生とは、裁判所を通すことによって債務を減額してもらう債務整理の方法です。但し、注意しなければいけないこともあります。個人再生とは、自己破産のように裁判所を通すのですが、しかし、自己破産のようにすべての借金がゼロになる訳ではありません。借金を減額してもらった上で、任意整理のように分割払いにするという方法なのです。しかし、減額される額は、任意整理よりは大きくなります。自己破産とは違いますので、一定の条件さえ満たせば住宅や車などの財産を手放さなくてすむことがありますし、家族に迷惑がかかることもありません。もちろん、家族が保証人になっていた場合は別ですので、注意するようにしましょう。手続きが始まれば債権者は強制執行が出来なくなります。但し、デメリットとして、借金が数年間できなくなること、自己破産とは違うので返済が可能な収入がなければ手続き出来ないこと、住所氏名が国が発行する機関紙の官報に記載されることがあります。
個人再生とは、自己破産と任意整理を混ぜあわせた債務整理の方法なのです。この個人再生の費用は、大抵の事務所の場合、切手代や通信費、予納金、印紙代、裁判所出頭の日当など含んだ費用になっています。再生計画認可成功報酬などの追加報酬は、発生しないことが多いです。個人再生の費用は基本的に、数十万円になりますが、住宅ローンの有無によっても異なってきます。住宅ローンがある方が高くなりますので、注意するようにしましょう。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら