個人再生の保証人について教えて!※債務整理の方法

会社勤めや商店等を経営していて安定した収入があるものの、ふとしたことがきっかけで複数のカードローンからの借金が重なってしまい、返済のための借金にも限界が生じてしまった。でも自己破産して家などの財産は失いたくないし、無担保債務の総額も5000万円以下だし、何とか自分の支払い能力を超えない範囲で返済を続けたい。
そういった先の見込める人であれば、完全に財産を失う自己破産と、多くの個人再生を申請する人が一度は考えたであろう任意整理の間の制度ともいえる「個人再生」の手続きを進めるのが一般的です。そこで、個人再生後の生活におよぼす影響をメリットとデメリットに分けてあげてみます。
まず個人再生後の生活におけるメリットですが、弁護士や司法書士が作成した再生計画が裁判所によって認可されると、原則として債務つまり借金が5分の1まで減額となり、おおよそ3年から5年にかけて返済します。そのさい、一定の条件を満たすことによって住宅等の資産を手放さずに済みますし、家族が保証人になっていなければ家族がローンを組むこともでき、身内への影響を最小限に抑えることができます。
いっぽう個人再生後の生活における悪影響つまりデメリットについてですが、いわゆるブラックリストに入るためキャッシング等の借入が5年から10年間できなくなります。また住所や氏名が官報に記載されるため何らかの形で個人再生の事実を他者に知られることになることは避けられません。さらには、債務の返済を続けられるだめの安定した収入がないと手続きできないので、失業や倒産等で職を失っている場合は、自己破産せざるを得なくなります。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら