個人再生の費用※失敗しない債務整理のポイント

個人再生費用※自分で手続きする場合

個人再生手続きを自分で裁判所に申立てる時は、収入印紙代に約1万円、官報の掲載費として約1万2000円、そして債権者への書類送付に掛かる郵券代として約2000円程かかります。

 

自己破産費用※知っておかなきゃ損!

また個人再生では再生委員が選任されるケースもあり、裁判所によっては選任されない所がありますが、もし選任されれば再生委員への報酬金として約25万円程度の追加コストが掛かります。

 

個人再生※弁護士に依頼する場合

もし弁護士や司法書士に手続き依頼している時は、この再生委員への報酬は約15万円程度に抑えられます。個人再生というのは債務整理の中では一番複雑な作業を要し、個人で手続きをこなすのは現実的に難しい部分があります。

 

個人再生を弁護士依頼すべき理由

個人再生の手続き過程において、債権者が納得する返済計画を練り上げる必要があり、更にその再生計画案を持って裁判所はもちろん債権者に対して和解を得なければならないのです。
余程の交渉手腕がないと再生計画案が可決されるのは難しいので、個人再生手続きをする時は、弁護士や司法書士にお願いするケースが多いのです。

 

個人再生費用※弁護士報酬

気になる個人再生手続きに掛かる弁護士報酬は、約30万~50万円程度が相場になっており、個人でする場合のその他の手続き費用も加えると総額50万円近い費用になります。

 

 

個人で全て手続きする場合は弁護士報酬がないので、約30万円近くまでに費用は抑えられる計算になります。

 

個人再生は交渉力が大事!

いずれにしても個人再生手続きは一番コストが掛かる手段なので、個人で手続きするか、弁護士に依頼するかは個々の経済状況と交渉力の有無次第になります。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら