個人再生後について※債務整理は法律事務所へ相談

個人再生をした場合、持っているクレジットカードそのものが使えなくなります。
もともと、クレジットカードなどで債務を重ね、返済ができなくなってしまい、クレジットカードの機能が停止しているためです。
さらに、個人再生を行った後も、クレジットカードの新規申し込みが通りにくくなる期間が存在します。
個人再生をした場合、1度も滞りなく返済をしたうえで、5年経過しないと審査が通りにくくなるためです。
これは、ブラックリストと呼ばれる名簿に名前が入り、各会社で情報共有がされ、返却できるのか、という疑いが発生するためです。
個人再生後3年の返済計画で問題なく債務を返却した後でも、5年はこのブラックリストに名前が載るため、審査が通りにくくなります。
ですが、その5年を経過することにより、再びクレジットカードの審査が通るようになります。
なので、個人再生をするということは、しばらくの間クレジットカードだけでなく、ローンなども組みにくくなります。
また、返済が滞ってしまったり、期間を延長した場合などにおいても完済してから5年間は審査が厳しい状態となり、新たにクレジットカードを申し込みをしても、通りにくい状態となります。
生活は今まで通り問題なく過ごすことができますが、個人再生により発生するデメリットともいえます。
ですが、きちんと返済をすることにより、再び契約をすることができるようになるので、計画通りに返済をすることが大切となります。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら