個人再生して減額について※どこへ依頼すればいい?

借入金が多くなり、当初の予定通りの返済が困難になった場合には、負担を減らすための法的な手続きを行うことになります。第一に考えられるのが任意整理で、弁護士または司法書士に依頼して債権者に対して現実性の高い返済計画を立ててもらうことです。基本的には将来の利息を放棄してもらい、また月々の支払いが、支払い可能な額まで減らしてもらうというものです。裁判所は関わらないので比較的、簡単に行えますが、債務整理をした事実は信用情報に載るため、約5年ほどは新規の借入はできませんし、また減額される額も将来の利息分のみで元本は返済する義務があります。一方で、返済不能になったさいに取られる最後の手段が自己破産です。自己破産は返済不能になったことを裁判所に申し立てて債務を免除してもらう手続きです。ただし一定額の財産は手放すことになり当然、自宅や車も失うことになり、また官報に破産者として掲載されるため、さまざまなペナルティを受けることになりますし、約5年から10年間は新規の借入が行えません。

個人再生は、この任意整理と自己破産の中間に位置しているものといえ、裁判所に申し出て、債務を減額してもらう手続きとなっています。この個人再生を行う場合には、再生計画を作り、これを裁判所に認可してもらうことで、原則として債務を5分の1程度に減額してもらうことになります。個人再生のメリットは自己破産と異なり財産は没収されないため、自宅や車は手元に残ります。ただし、自己破産と同様に官報に掲載されるため、さまざまなペナルティを受けることになりますし、約5年から10年間は新規の借入が行えません。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら