個人再生してもクレジットカードは持てるか?無料相談へ

個人再生をした場合、その後の生活は今まで通り行うことができます。
個人再生とは、借金を5分の1位まで減らし、それを3年で返済していけるように計画を立てて返済をしていく制度です。
なので、特別個人再生をしたからと言ってその後の生活が大きく変わるわけではありません。
ですが、クレジットカードの新規申し込みがしにくくなったり、住宅ローンや車のローンが組みにくくなります。
ですが、それも個人再生で1度も返済を怠ることなく完済した後、約5年経過すると今まで通りクレジットカードや住宅ローンなどでも組みやすくなります。
また、現在住んでいる家の住宅ローンを個人再生で減らした場合でも、その後そのままその家に住むことができますし、車などもそのまま乗ることができます。
また、家族が保証人でなければ、家族がローンを組んだりすることに対して特別問題はありません。
さらに会社などで仕事も普通にしていて何ら問題はありません。
給料差押えのようなことにもならないので、毎月決まった額を支払うだけで生活は何も変わらず行うことができるようになります。
なので、個人再生をしたからと言ってその後の生活に見た目上の大きな変化はありません。
ですが、新規クレジットカードや新規ローンが組みにくくなるということが起こりますので、注意が必要です。
さらに、公務員や、弁護士、税務士などが個人再生した場合、しばらくの間仕事ができなくなるということになるので、注意が必要です。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら