過払い金請求の時効※失敗しない債務整理のポイント

消費者金融はクレジットカードのキャッシングを利用していると、かなりの確率で過払い金が発生します。このお金は取り戻すことができるのですが、請求できる期間は限られています
基本的に請求可能なのは完済から10年とされており、その期間を超えてしまうと請求不可能となります。つまり金融会社が多儲けをすることになりますから、早めに手を付けて請求を行ってください

完済から10年という部分に注意が必要です。返済途中であれば時効ということはありませんが、その代わりに請求するための費用は膨れ上がります
なるべく完済してから請求するという方法が望ましいことで、それによって多くのお金を取り戻すことができるのです。しかし完済して放置している状態では、過払い金が請求できないかもしれません
まずは何時までに返済が完了していたのかを確かめて、それから過払い金が発生しているのかどうかを調べなければなりません。これは弁護士にやってもらった方が早いので、請求される場合は相談してください
計算によって過払い金が発生しているとなれば、借りている会社へ連絡して返すように要求します。基本的に全て認められますから、断られてしまうということはありません
しかし10年を経過していると認められず、どのような方法を利用しても返ってこないので注意してください

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら