自己破産の対象になる人※失敗しない債務整理のポイント

とても返済できない多額の借金を背負ってしまっても、
任意整理、自己破産、個人再生などの債務整理の手続きで解決する事ができます。
任意整理や個人再生では原則3年で返済を目指すために継続的に安定した収入が見込めないと利用できません。
しかし自己破産ではリストラなどで無職になってしまい収入が無い方でも利用可能です。
自己破産は裁判所から支払い能力が無いと判断された方が対象になります。
同じ100万円の借金でも働いて返済できると判断されると認められず、
働けずに生活保護などを受けている場合は認められることがあり、借金をされているご本人の状況によって変わります。
あくまで裁判所の最終判断となるうえに、裁判所によって基準が違っていることもあり、少々分りにくくなっています。
自分のケースで自己破産が認められるかどうか知りたいときは、
弁護士事務所、または司法書士事務所で相談してください。
ご相談から自己破産が最適であるとなりましたら、ご依頼されると自己破産の手続きが始められます。
自己破産では99万円以下の現金や20万円以下の預貯金などは手元に残すことができます。
マイホームや20万円以上の価値があるマイカーは失ってしまいますが、
すべて失ってしまうことはないので、まずは今の状況を改善させることを優先的に考えましょう。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら