自己破産したらどんな影響がある?※仕事・ローン・カードなど

複数の金融業者に対する多重債務によって返済不能に追い込まれる人が少なくありません。
借金整理=債務整理にはいくつかの手段があります。

 

まずは無料診断!

どの手段が適しているか?匿名で診断できるツールです。
※弁護士事務所が運営しているので安心して利用できます

⇒無料シミュレーターはこちらから

 

自己破産したら借金はチャラになる

  • 収入がない・見込めない
  • ある程度の財産が残ればいい

という方は、自己破産する方が多いです。
自己破産をして、裁判所に認められると借金はすべてチャラになります。

 

自己破産したらどうなるの?

「自己破産したら、生活や仕事に影響するから」と躊躇している人もいます。

自己破産の噂《ホントとウソ》

自己破産というのはテレビドラマでは良く出てきますが、現実社会では身近に見ることはあまりないため、自己破産の影響を正確に認識している人はそれほど多くありません。

 

自己破産したら生活はどうなるの?

そもそも、自己破産の目的は破産者の生活の再生であるため、最低限の生活は保障されています。

 

確かに、自己破産したら自宅や財産は失うことになりますが、所有しているすべてのものが没収されるわけではなく、保持できるものもあり、それを「自由財産」と言います。

 

自由財産として認められるのは

  • 99万円以下の現金
  • 時価で20万円以下の物品

です。銀行にある預金も20万円までは自由財産です。

そして所有している物品は時価での評価であるため、例え購入した時は高価であっても現時点での評価額が20万円以下であれば自由財産になります。

 

一般的に、どんなに高額な商品でも数年も経てば何分の1の価値になることは珍しくありません。

 

また通常、日常生活において20万円を超えるような家財などは無く、テレビや冷蔵庫、洗濯機、タンス、テーブルなどはすべて残るため、自己破産が生活に影響を与えることはほとんどありません。

 

自己破産したら仕事はどうなる?

一部職業は、自己破産の手続き中は就けない仕事があります。
しかし、自己破産の手続き中のみなので、手続きがおわれば再び働くことが出来るでしょう。

 

ちなみに、自己破産したら解雇されるということもありません。
自己破産は解雇事由には当たらないので、自己破産が原因で解雇される心配はしなくてよいと思います。

 

自己破産したら新たなスタートです

自己破産後の収入はすべて自分のものになります。

 

自己破産をするとブラックリスト(信用情報)に記載されるため、

  • クレジットカードの作成
  • 新たな借入

が5~10年程度できなくなります。

 

なので、しっかりと金銭管理をし再び借金まみれにならないようにしましょう。

 

まずは無料相談を利用

無料相談を受け付けている弁護士事務所に相談に行ってみましょう。
具体的な説明が聞け、より早い借金解決につながると思います。
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら