自己破産の手続きの流れ・期間※失敗しない債務整理のポイント

自己破産は自分で行う事も可能な債務整理です。
しかし、必要な書類も多いですし裁判所でのやり取りもあるので、不安な方は弁護士や司法書士に申請の依頼をしましょう。
自分で行う場合も弁護士や司法書士に依頼した場合も、基本的に自己破産が行われる流れは同じです。

まず自己破産を行う時は債権者に、受任通知を送る事から始めます。
受任通知は債権者に自己破産を行う事を伝える役目と、自己破産を行う為に必要な書類を作成する為に債権者にいくら借金が残っているかなど、
申告してもらう為に送ります。

受任通知を送り借金の額などが分かったら書類を準備し、いよいよ裁判所に自己破産の申し立てを行います。
申し立てを行うと、まず裁判所で「破産審尋」という面接のようなもんを受けなければいけません。
破産審尋は裁判官から自己破産を申立てるに至った経緯や、現在の借金の返済状況などが聞かれるのが一般的です。

破産審尋で裁判官が借金を返済できる状況でないと判断したら、破産手続開始決定します。
しかし、この時点で借金を整理できるという訳ではありません。
破産手続開始決定した後は、免責申立て を行うのです。

免責申立てをし裁判所に免責が認められなければ、自己破産する事は出来ません。
免責審尋 を経て無事、免責が認められたら自己破産により借金を整理できます。

最初の受任通知から借金を返済出来るようになるまでの期間は、自己破産の場合約半年から1年程度の時間が必要です。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら