2回目の自己破産※失敗しない債務整理のポイント

債務整理に関する疑問で、2回目の自己破産はできるのか?という質問がよく聞かれます。
現実的には同じ過ちをする事は考えにくいのですが、中には借金癖がなかなか抜けなくて、ブラック履歴があってもお金を借りれる業者に安易に手を出してしまう人が多いようです。
しかし1回目の自己破産をした後は、免責許可が確定した後の7年間は再びの破産が認められない事が規則で定められています。
これは自己破産のルールに免責不許可事由というのが掲げられており、免責許可の決定から7年が経っていない場合は不許可事由に該当するので、破産申立をしても却下される可能性が大きいです。
これでも7年間というのは短いほうで、平成17年に破産法が改正される前は10年だったので、破産者が少しでも早く経済再生を図れるように軽減措置が取られたのです。
しかし、最近では再びの破産申立に拘わらず、7年以内に2回目の自己破産をしている人もおり、これは裁判官の裁量という形で特例として免責許可決定を下しているからです。
裁量免責は裁判員の判断になるところが大きく、どのような経緯や意図で再び破産申請する事になったのかを冷静に判断します。
例えば、家族の病気や失業で仕様がなく借金したなどの止むを得ない事情であったり、申立人が誠意を持って更正しようという心証を得られた場合に、2度目の免責許可を下すケースがあります。
反対に1回目に自己破産してからも、借金の繰り返しなどで更正の証が見られなかった場合や、不健全な事由での借金が膨大な場合は、2度目の破産が認められるまでは時間が掛かるでしょう。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら