自己破産後、年金はもらえる?※失敗しない債務整理のポイント

自己破産しても年金はもらえるのでしょうか?

 

自己破産しても払わなければならないもの

養育費・税金など

 

年金を受給する権利は、他人に常渡することや、担保にすること、差し押さえにしたりすることは法律で禁止されています
よって、自己破産しても年金はもらえます。

 

 

自己破産する事によって生まれる最大のメリットは、これまで抱えてきた債務の返済義務が全て帳消しになり、心身共にリセットして人生の再出発ができる点です。
また自己破産後に得た収入は、破産する前の借金返済に充てられる事はないので、お金の使い道が自由になります。
そして戸籍や住民票などにも掲載される心配はないので、破産した事を公に知られる事はありません。
ただブラックリストと言われる官報には一定の期間、破産した事実が載るケースが多いので、勤め先が大手企業や金融関係の会社であれば注意は必要です。
しかし、破産した事によって勤めている会社を解雇されたりする事はありませんし、購入価格が20万円以内の家財道具は少なくとも残す事はできます。
次に自己破産後に起きうるデメリットですが、生活に必要な家電や最低限の生活費に値する預貯金以外の持ち家や不動産などの財産は、全て手放さなければならない可能性があります。
これは落とし穴ですが、無事に自己破産が完了して借金が免除されても、今度は債権者が連帯保証人に借金の残額を請求できます。
ですから、必然的に保証人になるケースが多い家族や親戚には、自己破産した事を内緒にするのはほとんど困難です。
また、破産の免責許可が下りるまでは職業制限がかけられ、会社の役員などにも就く事はできません。
そして、裁判所の許可なしに自由に長期の旅行に出掛けたり、転居する事ができないデメリットも発生する可能性もあります。
更にカードやローンでの新たな借金も一定の期間できませんし、二度目の破産はもっともで、再び返済免除の措置を取る事は非常に難しくなります。
自己破産のデメリット部分は、特に頭に叩き込んでおき、常に自分を厳しく戒めながら破産後の人生を送る事が第一です。

 

 

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら