内緒で自己破産はできる?※失敗しない債務整理のポイント

特に財産が無い場合には、破産申し立て人が裁判所に出向くのは原則として破産手続きの開始時と免責許可の審尋の時の2回だけで、それ以外にするべきことはありませんので家族や友人に内緒で自己破産することは可能です。破産の結果も官報に載るだけで、自宅に郵送されることはありません。
同居の家族がいる場合、またその家族に収入がある場合は手続き上同居の家族の収入や支出の証明や源泉徴収票の提出を求められますので、内緒で自己破産の手続きを進めることは難しく、不可能に近いと思います。家が持ち家の場合はそれも手放すことになりますから家族に内緒での手続きは出来ません。持ち家でなくても車を持っていればそれも資産と考えられ、差し押さえの対象となります。
自己破産の手続きに必要な書類をそろえることは内緒でできますし手続き自体も内緒でできますが、その後の生活の中で家族にばれてしまうことは十分に考えられます。ローンが組めなかったり、転居の際に場合によっては許可が必要なケースもあります。ばれることに対する精神的なリスクも多い為、内緒でするよりも家族としっかり相談し、理解を得たうえで手続きを開始する方がいろいろな意味で最良の方法と言えます。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら