自己破産した方の免責不許可事由とは?※法律事務所へ

自己破産の申立人が裁判所の破産手続開始決定を受けただけでは借金の返済が免除されたと決まったわけではありません。破産手続開始決定とは、自己破産の申立人の借金返済が不能の状態にあると裁判所が認めた場合に下す決定のことですが、返済が不能であることと借金の帳消しを認めることとは別の問題となっています。自己破産者の借金を帳消しにするためには裁判所の免責許可が必要になります。多くの場合、裁判所の免責許可は得られますが、得られない場合もありえます。旧破産法においては、自己破産の申立てと免責許可の申立ては別々になっていました。しかしながら、債務者が自己破産制度を利用する目的は免責許可を得ることにあるため、現行法では、両方の手続きは一体化されています。破産法には免責不許可事由があり、自己破産者の借金返済の免除が適切でないと判断される場合には免責許可は得られません。免責不許可事由には以下のような事項があります。○債権者に損害を与える目的で、財産を隠したり、損壊したりして価値を減少させたこと。○著しく不利益な条件で借金をしたり、著しく不利益な条件で財産を処分したりしたこと。○特定の債権者に対して特別の利益を与える目的で、担保の供与等を行ったこと。○浪費、ギャンブル等により、著しく財産を減少させたり、過大な債務を抱えたりしたこと。○ 業務、財産状況等に関する書類等を隠匿、偽造等したこと。○裁判所に虚偽の書類を提出したり、説明の拒否、虚偽の説明を行ったこと。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら