自己破産と個人再生の違い※失敗しない債務整理のポイント

借金問題を解決できる債務整理には、いろいろな種類があります。
良く一般的に知られている自己破産は裁判所に申し立てを行い、全ての借金を免除してもらう手続きです。
裁判所に認めてもらうには支払い能力なしと判断される必要があります。
債務者の借金の総額、収入、資産などを考慮して裁判官が総合的に判断を下します。
免責不許可事由に該当されると免責が認められないことがあります。
ですが免責不許可事由に該当していても悪質でないと判断されると認められることが多いです。
住宅や99万円以上の現金、20万円以上の預貯金などの財産は差し押さえられます。
個人再生は裁判所に申し立てを行い、借金の総額を減額してもらう手続きです。
再生計画を作成し、裁判所に認められると、減額された借金を3年から5年で分割支払いを行い、支払いが終わればすべての借金が無くなります。
分割支払いを行うことが前提になっているので自己破産と違い、継続して安定した収入がないと利用できません。
しかし住宅は手元に残せるため、家族が住まいを失い路頭に迷ってしまうことはありません。
自己破産のように借金がすべて免責されることはありませんが、任意整理よりは借金の減額効果が大きいといった特徴があります。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら