自己破産・住宅ローンが払えなくなった場合※法律事務所

みなさんには借り入れ金はありますでしょうか。お金を借りる場面は思いのほかさまざまな状況下で生まれます。生活費が足りなくなってキャッシングを利用したり、車の購入のためにローンを組む、家の購入のために住宅ローンを組んだりと、意外なほどたくさんの状況が考えられるのです。
しかしながら、それらの返済期間中にもし職を失ってしまうなどの不幸にみまわれた際には、その影響で返済が苦しくなってしまうこともあるかもしれません。その後すぐに立て直すことができればよいのですが、残念ながら返済を滞りなく終えることができなくなってしまった場合には債務整理を行うことになります。債務整理にもいくつか種類がありますが、民事再生などよりもさらに首が回らなくなってしまった状況で使うのが自己破産です。
自己破産したら、それまでの借金はゼロになりますが、財産もすべてなくなり、まったくのゼロからのスタートということになります。しかし、それ以外にも自己破産したら生活に影響が出ることがあるのです。
その一例として挙げるのが、各種ローンを組むことができなくなるという点です。自己破産したら、個人信用情報というところに自分の情報が登録されます。それはローンの審査に使用するものですので、つまりローンの審査に過去の自己破産歴がしっかりと登録されてしまうのです。ですから、それが消えるまではローンを組むことができません。
それらの影響もよく考えて、債務整理を行いましょう。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら