自己破産したら連帯保証人にはどのような影響がある?

自己破産を行うと、それによってこれまで抱え込んでいた借金がすべてなかったことになります。
こう見ると非常に債務者に対してメリットのあるような制度のように見えるかもしれませんが、実際はそれほど甘いものではなく、それ相応のデメリットがあります。

多くの債権には連帯保証人をつけていると思いますが、自己破産によって保証人も同じように苦しい立場に立たされるのです。
そもそも借金の連帯保証人は「この人は大丈夫、もしも何かあったら私が責任を取る」という立場にある人です。
つまり債務者に関してはもう支払い能力がないので、連帯保証人がその借金の責任を負うことになります。

もしも債務者の自己破産が成立しても、借金が消える訳ではなく、あくまで債務者の借金の返済義務がなくなるだけです。
自己破産となった場合には連帯保証人の方に対して請求されるようになるのですが、一度債務整理を行うと原則、連帯保証人に対しては一括請求することが通例です。
つまり分割で支払っていた債務者よりも苦しい状態になります。すると過去のケースからするとほとんどが債務者も同じように自己破産をする形になります。

軽い気持ちで自己破産を選択する方もいますが、自分以外の人にも迷惑がかかってしまうのも知っておきましょう。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら