自己破産後の生活※失敗しない債務整理のポイント

自力で借金の返済が出来なくなった状態に陥った債務者と債権者の間に裁判所が入り行われる債務整理である「自己破産」。

近年の日本において「自己破産」を申し立てる人の数は年々増加し続ける一方です。
そんな「自己破産」は借金を背負った債務者の借金を全額帳消しにしてくれる債務整理方法である一方で、「自己破産」の債務整理を行った後に様々な債務者にとってのデメリットが発生する債務整理方法でもあります。

今回はその「「自己破産」を行った後に債務者の生活はどの様に変化するのか」についてこちらでお話しをさせていただきます。

まず、「自己破産」を行った後は手持ちの現金では99万円以上の所有している現金は全て裁判所に没収されて債権者に分配されます。
そして銀行口座などの預貯金については20万円以上の口座預金は全て裁判所に没収されて債権者に分配されます。

さらに持ち家の住宅がある場合、住宅は裁判所に差し押さえられて没収されて債権者に住宅を売却したお金が分配されます。

そして20万円以上の価値がある品物は全て差し押さえ対象となり、品物は裁判所の競売などにかけられて現金化されその現金は債権者に分配されます。

この様に「自己破産」には様々なデメリットが生じてくる事を頭に入れておくと良いでしょう。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら