自己破産後に借金をしてしまったら?!※債務整理方法

自己破産は様々な生活事情によってやむを得ず選択される最終手段ですが、その後の生活におけるデメリットが大きいという特徴を持っています。
一般的には借金の返済が不可能と判断される状況での選択肢の1つとなっており、全てに対する債務の免除が行われる一方で価値の高い財産を手放す必要性が生じたり、クレジットカードやキャッシングが長期間契約不能となる影響も出てくる事を考慮しなければなりません。
しかし、多額の借金で生活苦へ陥っている場合など自力ではどうする事もできない状況において、自己破産は最低限の財産を手元に残した状態で生活を立て直す為の手段として有用と言えるでしょう。
自己破産後のクレジットカードやキャッシングは、原則として5年から10年程度契約不可能となり、これらに頼らない生活を送る計画性が求められます。
特に銀行系企業のクレジットカードは年数経過後も審査で落とされる可能性が高く、個人信用情報として残り続ける点を理解しておく必要があります。
また、自己破産時に契約していたクレジットカードやキャッシング会社と契約するのはほぼ不可能と言える為、仕事上の都合などでクレジットカードが必要となった場合には他社の審査を受けてみるのがポイントとなります。
クレジットカードやキャッシングの審査基準は企業ごとに独自で決めているパターンが多く、個人信用情報だけでなく様々な属性情報を基にして行われるので、経済的に立て直せていれば契約できる確率は十分にあるでしょう。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら