自己破産した人はクレジットカード使えない?※方法ガイド

みなさんがもし借金の返済に困ってしまって金融機関や弁護士事務所などに相談に行き、債務整理を行った結果自己破産という結末を迎えてしまったとすると、その後は金融機関のローン審査などに利用される個人信用情報というものに、自己破産の経験がある旨がしっかりと掲載されてしまいます。それはつまり新たなローンはおろか、クレジットカードですら作成することが困難になり、現代の世の中に流通しているお金の仕組みのほとんどを制限されてしまうことにつながるのです。ですから、もし仮に自己破産の経験がある方は、毎月働いてもらった給与のみの生活を長期間続けていくことになります。
では、その個人信用情報に載っている期間はどれくらいになるのでしょうか。その答えは、最長で10年間であるという回答になります。つまり、自己破産後の生活を開始してから10年間は新たなローンは組めません。自動車が必要になってもマイカーローンはもちろん組めませんので、現金を貯めて買うかあきらめるかの選択になります。田舎にお住まいの方は車が必須であることが多いのですが、おそらく以前の車は差し押さえの際になくなっていることでしょう。
自己破産後は長期間にわたって不便な生活を送ることになってしまいますので、借入金の返済中はできる限り安定的な収入をもって、なおかつ貯蓄もできるように心がけましょう。その事態が起きてしまってからでは遅いので、早め早めに対策をとることが重要なのです。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら