自己破産した人の車ローンについて※債務整理体験談

信販会社やクレジットカードのキャッシング、マチ金などは比較的容易に借入することができますが、その便利さゆえについつい借入れをしてしまって、気が付いたら多額の借金を抱えて返済の目途が全く立たなくなったというケースは非常に多いものです。
このような場合自己破産を利用することで、借金を0にすることが可能にはなりますが、マイホームはもちろん、車も処分されることになります。
しかし車がなければ仕事にならないといった方も多いでしょう。
自己破産を利用した場合、車が処分されるか否かは自動車ローンの残債状況によって大きく違ってきます。
現在も自動車ローンを支払っている場合であれば、ローン会社によって間違いなく自動車は差し押さえられてしまいますので、自動車を維持することは不可能になります。
自動車ローンが全て完済済みである場合でも、車の価値によっては扱いが違ってきます。
自己破産を利用する際には、20万円以上の価値がある物については、現金に換価して債権者へ分配するという決まりになっていますので、自動車の価値が20万円以上あると判断された場合は処分されることになります。
しかし初年度登録が10年であるということが目安となっている場合もあります。
初年度登録から10年以上経っている自動車の中古車であれば、自動車の価値はほぼ0円と査定されることが多いので、自動車ディーラーや中古車買取店に査定してもらうことをおすすめします。


債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら