自己破産は自分で出来る?弁護士に依頼すべき?※失敗しない債務整理

自己破産の申立ては、地方裁判所を通す事が義務付けられているので、弁護士に手続き依頼する事で、破産開始までの過程における書類作成代行並びに裁判所への出頭を代理でしてもらう事が可能です。
ですから、申立人が必ずしも破産法に関する知識を一から頭に入れる必要がなく、債務整理でも手続きが一番煩雑とされる破産手続きにかける時間や労力を大幅に省略できるメリットがあります。
自己破産が初めてで、裁判所での手続きを1人でこなす自信がない場合は、弁護士に一刻も早く相談して、裁判所での審尋面談に一緒に臨むのが理想的です。
また弁護士に頼むべき第2の理由としては、破産手続き開始を早める即日面接の代理出席権を得られるので、破産申立てから免責を経て借金返済が免除になるまでの期間を3ヶ月程度に短縮できます。
そして何より弁護士に破産手続きを依頼した時点で、債権回収先である貸金業者に受任通知が送達されるので、取立てを強制的にストップでき、度重なる取立てから解放されます。
このように弁護士に破産手続きを依頼する最大のメリットとしては、心労を抱えた申立人の代理で裁判所での破産手続きの大半にかかわる事が可能なので、弁護士が破産申立人にとって心強い最大の味方になる事は間違いありません。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら