債務整理すると住宅ローン・車のローンはどうなる?※簡単に解説!

債務整理を行うことによって、借金をなくすことが出来るようになりますし、借金を減額することが出来る場合もあります。
借金に苦しんでいる方にとって、債務整理は最後の手段と言っても良いでしょう。
しかし、債務整理を行うことによって多少なりともデメリットもあります。
債務整理を行いますと、信用情報機関にその情報が載ってしまうことになります。
金融機関は、通常ですとこの信用情報機関に問い合わせてから審査を行いますので、住宅ローンが借りにくくなってしまいます。
信用情報は、債務整理の情報だけではなくて延滞や未払いといったような情報も載ってしまいます。
このような信用情報は、通常ですと5年ほどで削除されることが多くなっています。
しかし、債務整理の信用情報はそれよりも長く載ることが多くなっています。
債務整理による自己破産や個人再生は、最も長くて10年間は保持しても良いという決まりになっています。
10年以上が経っていれば、情報が載っていないという風に考えることも出来ます。
住宅ローンの審査は、この信用情報以外にも収入やこれからの将来のことも吟味して審査が決まります。
債務整理をした金融機関では、また利用することが出来ない場合が多いので注意しましょう。

債務整理をする前に・・・

債務整理したらどうなるの?
そう思っている方はまずは、診断シミュレーターを試してみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから



専門用語ばっかりで、わからない!という方はまずは専門家に相談してみましょう!!
⇒無料相談ができるおすすめの弁護士事務所の紹介はこちら